母性本能をくすぐる後輩についつい甘くなってしまった私は…(かな・24才・高知県)

私は会社で主にデスクワークの仕事をしています。

彼とは同じ会社の先輩と後輩関係で、私の方が先に入社していました。

年齢的には彼の方が1つ年下で、いろいろと教えてあげていたのです。

付き会う前は少々頼りない一面もあって、これから先が思いやられると思っていました。

入社当初は失敗も多くて、そのフォローにあたるのが大変で苦労しました。

しかし、私を頼ってくれる彼をなんだかほっておけなくて、フォローし続けたのです。

こうした流れで私たちは自然と恋愛を含んだ関係になって行きました。

母性本能をくすぐる彼についつい甘くなってしまった私は、いつの間にか彼を好きになっていたのです。

ただの先輩と後輩の関係だったはずが、いつの間にか職場恋愛に発展していました。

彼は私の面倒見の良さと、仕事をフォローしてくれる優しさに惹かれたようです。

本当に幸せで楽しい毎日です。

ただ私は職場恋愛で、苦労したことがあります。

それは仕事とプライベートをきっちり分けることです。

これができないと仕事にならないので、本当に大事だと思いました。

彼氏だからと特別甘くしていたら、周りの人も変な気持ちにさせますし、仕事がスムーズに行きません。

けれど仕事とプライベートできっちりと分けるのが、意外と難しくて苦労しました。

仕事では彼を「彼氏」としては見ないで、「社員と一人」として見ました。

そうすることでしっかりとオンとオフを分けるように頑張りました。

職場恋愛は毎日彼氏に会えて幸せです。

しかし、くれぐれも仕事とプライベートを一緒にしないようにすることをオススメします。

そうしてしまうと仕事の能率が落ちたり、失敗することが増えるので注意しましょう。

仕事に影響が出ないような、お付き合いをオススメします。

(かな・24才・高知県)

読んでおきたい「職場恋愛の悲劇」
職場のお局様にみつかってしまい、次の日から口もきいてもらえず…(まる・37才・東京都)
社内恋愛禁止ではなかったけど、最悪な形でみんなにバレました。(ともちん・27才・兵庫県)