社内恋愛禁止ではなかったけど、最悪な形でみんなにバレました。(ともちん・27才・兵庫県)

子供に体育を指導する仕事をしていました。

先輩だった彼は背が高く髪の毛もつんつんで誰よりも目立っていました。
彼の第1印象は、明るくて子供から大人気で親からも頼られる存在で尊敬の眼差しでした。

研修会で彼と同級生である事を知り、急に距離が縮まりました。

まだ何も分からない私に色々アドバイスをもらい、子供の目線で遊ぶように指導していく彼を見て自分の能力のなさを恥ずかしく思い少し距離を置くようになってしまいました。

元々、直行直帰の仕事だったので事務所に行かない限りは彼とは逢いませんでした。
行っても彼と出会えない事などしょっちゅうでした。

研修で彼の仕事を見る度に、尊敬もありながら好きだと実感しました。

彼女もいるだろうなぁと思っていたし、こんな人気者の人と付き合えるはずがない。全く自分に自信がありませんでした。

それでも1番嬉しかったのが、月に1度の会議で彼に逢える事。そして気さくな上司は会議後、必ず飲みに連れて行ってくれました。

そんな中で私の事を”やっと来た逸材だ、君の事をみんなで期待している”と言って下さった上司。そこから自分に自信を持って仕事が出来るようになってきました。

そして1年くらい経ったある日、彼から電話。

日曜日に時間を作ってくれないか、と。

行ってみると遊園地に行く計画を立ててくれてた彼。

そして一目惚れだったみたいで告白をされお付き合いをする事になりました。

会社は社内恋愛禁止もなければ仕事に支障がなければ進んでどうぞ!という所だったので安心して付き合っていました。

しかし、なかなか上司には言えず隠れて付き合っていました。

ありがたい事に直行直帰だったので、誰にも邪魔されず気にせず二人の交際は順調でした。

そこで最後までゴールインするつもりでした。

しかし思いもよらぬ、保護者の人に見つかりクレームを頂いてしまい一番最悪な形で会社のみんなにバレてしまいました。

それがあだになり、生徒の数が減り私は許容範囲を超えていたのもあり仕事を辞めました。

順調なうちは、社内恋愛は毎日会えるしバレないようにスリルの中で燃え上がるのがとても幸せです。

しかし破局になると、彼も失い仕事も失います。

男の人は仕事を辞められないのでやはり女性の立場は悪くなります。

付き合った時点で周りの人の了解を得るか、仕事を辞める覚悟・または仕事を辞めて彼との恋愛に挑むのが良いと思います。

(ともちん・27才・兵庫県)

読んでおきたい「職場恋愛の悲劇」
職場のお局様にみつかってしまい、次の日から口もきいてもらえず…(まる・37才・東京都)
社内恋愛禁止ではなかったけど、最悪な形でみんなにバレました。(ともちん・27才・兵庫県)